固定ページ

国際色豊かな六本木で働く

六本木は繁華街というイメージが定着しています。しかし戦前は武家屋敷が多い街でした。それが戦争で焼失し、日本を占領した連合軍に接収されたため、外国人向けの商店や飲食店が作られるようになりました。その名残か、今六本木にはサウジアラビアやスウェーデン、スペインなど様々な国の国家大使館があります。スウェーデンやサウジアラビアの大使館が日本にあることに驚きです。思っている以上にたくさんの国の大使館が日本にはあるのかもしれません。
現在はオフィスもたくさん出来て、ビジネスマンやOLの姿も多く見られるようになりました。人が増えたことにより、たくさんの飲食店もできました。中には高給飲食店や外国人向けの飲食店もあり、様々な人で賑わっています。高給飲食店には芸能人も訪れるようで、タイミングが合えば本物を見ることができるかもしれませんね。そんなところも六本木の魅力のひとつになるのではないでしょうか。きっかけは戦争に負けて外国人向けのお店が作られたことがはじまりですが、現代ではあまり悪い印象にはならないように感じました。
そんな六本木でのアルバイトといえば、やはり飲食店が主になってきます。外国人向けの飲食店では、日常英会話ができる人材は重宝され時給も高いことが多いです。
買い物をする大きな商業施設があまりないのため、路面店でのアルバイトがほとんどになるかと思いますが、様々な国の人と触れ合える機会もたくさんありますし、国際的な付き合いができる可能性も秘められた魅力的なアルバイトなのではないでしょうか。
お店に来店していた外国人と国際結婚、なんてこともありえるかも知れません。

Write a comment